京都大賞典 データ分析予想4

京都大賞典 データ分析予想4
※画像提供元:競馬ラボ様

今週の見逃し記事はこちらから↓

騎手・馬齢分析:京都大賞典データ分析予想

馬体・枠順分析:京都大賞典データ分析予想2

斤量・脚質分析:京都大賞典データ分析予想3

京都大賞典 データ分析予想4

京都大賞典 データ分析予想4
※2016年優勝馬:キタサンブラック

生涯成績:20戦12勝(内G1戦7勝)の競馬ファンだけでなく名前が知られている日本を代表するサラブレッド!北さん祭りでJRAを盛り上げ、最終レースの有馬記念を有終の美で飾り感動を与えた一頭。

今日は前回の続き「脚質から見る4角位置の優位」

前走4角別集計

前走4角着別度数勝率連対率複勝率
1番手2- 0- 1- 5/ 825.0%25.0%37.5%
2番手以内4- 1- 1- 17/ 2317.4%21.7%26.1%
3番手以内4- 2- 3- 20/ 2913.8%20.7%31.0%
4番手以内5- 4- 3- 26/ 3813.2%23.7%31.6%
5番手以内6- 4- 4- 30/ 4413.6%22.7%31.8%
7番手以内6- 7- 7- 43/ 639.5%20.6%31.7%
10番手以内7- 7- 7- 62/ 838.4%16.9%25.3%

集計期間:2010.10.10 ~ 2019.10. 6

逃げではなく先行馬を中心に見たい。

細かく見ると「1・2番手」が優位で、先行力がある馬、捲ってきた馬、若しくは先行追走し3角途中から上がってきた馬がそのままスピードを活かして突き抜けるイメージがわかりやすいかなと思います。

そして、その後ろから脚を矯めていた差し馬を狙う感じですね。

当日の4角位置の該当レース好調馬を見てみましょう。

4角位置別集計

4角位置着別度数勝率連対率複勝率
1番手0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%
2番手以内1- 3- 2- 16/ 224.5%18.2%27.3%
3番手以内4- 5- 4- 23/ 3611.1%25.0%36.1%
4番手以内5- 6- 4- 31/ 4610.9%23.9%32.6%
5番手以内6- 7- 6- 35/ 5411.1%24.1%35.2%
7番手以内7- 7- 10- 52/ 769.2%18.4%31.6%
10番手以内9- 10- 10- 71/1009.0%19.0%29.0%

集計期間:2010.10.10 ~ 2019.10. 6

前走の4角位置では先頭に立とうとする馬が本番で優位に立っていますが当日は、少しだけ後ろの「3・4番手」に付けてる馬が良さそう。

どちらにせよ、先行馬・差し馬が有利に直線を駆け抜ける傾向にあると言えよう。


前走8番手以内の登録馬を抜粋

前走枠番前走馬番馬名S前走レース名前走騎手前走決手前1角前2角前3角前4角
711アルバートステイヤG2O.マーフ差し1010108
89カセドラルベル博多SH・3勝松山弘平先行3332
714キセキ宝塚記念G1武豊マクリ141382
23グローリーヴェイズ宝塚記念G1D.レーン中団1413148
77ステイフーリッシュオールカG2田辺裕信先行2233
46タイセイトレイル丹頂SH菱田裕二マクリ1212104
713ダンビュライト宝塚記念G1松若風馬中団3336
23ノーブルマーズケフェウH高倉稜中団5577
12バイオスパーク函館記念HG3和田竜二先行5553
11パフォーマプロミス鳴尾記念G3福永祐一差し8975
812モンドインテロステイヤG2W.ビュイ先行4543

種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ディープインパクト3- 0- 3-13/1915.8%15.8%31.6%
キングカメハメハ3- 0- 1- 9/1323.1%23.1%30.8%
ハービンジャー1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%
フレンチデピュティ1- 0- 1- 0/ 250.0%50.0%100.0%
グラスワンダー1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
ジャングルポケット0- 2- 1- 3/ 60.0%33.3%50.0%
アドマイヤドン0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%
ネオユニヴァース0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
シンボリクリスエス0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
ルーラーシップ0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
フジキセキ0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
ハーツクライ0- 0- 3-11/140.0%0.0%21.4%

集計期間:2010.10.10 ~ 2019.10. 6
ソート:着別度数順   レース機会数 : 2 回以上

ディープ産駒・キンカメ産駒がそろって3勝をマークしているが、ここでは欧州ヨーロッパの長距離に強い産駒が目立つ。

ハービンジャー産駒・トニービン血統など該当馬があれば要チェックとなる。

該当馬

バラックパリンカ
ノーブルマーズ
ダンビュライト
タイセイトレイル
キセキ
カセドラルベル
アルバート


最強競馬ブログランキングへ

By 穴馬王

波乱レースを見抜く相馬眼レベルは高い方だと思ってます。 2020年の挑戦は「閃光馬」の推奨レベル向上とパドック相馬眼の習得! 「目指せ帯封」 金があれば低配当でも帯に出来る。でもそうじゃないんや! 100円が帯びる奇跡を起こせるのが競馬なんやで! そんな手助けができる予想を追求し続けるよ!

コメントを残す